ラベル Tiny Whoop の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

オフィシャルTiny Whoop! ~ inductrix FPV 入手 ~

Tiny Whoop (BLADE inductrix + FPVカメラ)にハマってますが、inductrixの販売元のBLADEからTiny Whoop の完成品「inductrix FPV」がリリースされてる。
純正はどんなもんかなーと入手してみた。

開封

BLADE公式のHorizonHobbyは送料がお高いので、TinyWhoop公式から、BNF(Bind To Fly/プロポ無し)モデルを入手。
BNFのケースは展示用にも使えそうで良い。

ついでに、FX798SCも入手したので一緒に撮影。箱の絵はFX798Tと同じ。

なぜか、おまけでグミみたいなのもついてた。MicroDrone3.0のときにもラムネが入ってたけど、流行ってるのかな?ま、怖くて食えませんが。

で、内容物は
  • inductrix FPV本体
  • リポ1S/200mAh/45C
  • 充電器
  • 説明書などの書類


重量測定

リポなし本体が21.56g。付属リポは 5.11g。前回記事も更新。
DIYキャノピー付き Tiny Whoop より、2.72g重い。

早速分解してみた。
キャノピーのネジを3つ外してオープン。1.25mmコネクタでFCとVTXがつながってる。

さらにVtxを固定しているネジを3つ外し(※ネジは6つ同じ種類)、重量測定。
FPVカメラ&送信機は4.26gで意外と軽くない。またキャノピーは頑丈だけど2.06gと重め。

FPVのバンドとチャネル

分解した際にVTxに切替スイッチが見当たらなくて、どうやってバンドやチャネル変更するのかと思ったが、VTxの中央部分がスイッチになってた(重量測定の写真参照)。
しかも、キャノピー越しにこのスイッチが押せるようになっているので、キャノピーを装着したまま切り替えが可能。

すごいちゃんと考えられてるコレ。

今度FCを換装予定だけど、このキャノピーとFPVシステムはそのまま使いたい。

飛ばしてみた。

モーターとバッテリーが既に強化されたモデルだし、きっちりバランスをとって製品にしたモノなので、めっちゃ気持ちよく飛ばせる。
改造自体を楽しめない人の場合、最初っからこれのRTF(Ready To Fly/プロポ付き)モデルを買って飛ばしまくるのが良いかと。

また、無印 inductrix で気になってた電圧低下→即降下は改善されている ようで、電圧低下→LED点滅→降下 と、LED点滅から機体を手元に戻すまでに猶予がある。
計測してみると点滅してから25秒程度は飛べた。
これはFC(或いはそのファームウェア)が違うんかも。

Tiny Whoop のキャノピー制作 ~ バキュームフォーム ~


前回記事のMullet Mod 用に Tiny Whoopの公式で販売されている キャノピー が欲しくなった。が、SOLDOUT。。

Tiny Whoop のアンテナ保護と低重心化 ~ Mullet Mod ~

素のinductrix だと耐久性が高いのでクラッシュ上等だけど、Tiny Whoop に進化させると脆いアンテナが気になって、クラッシュが怖い。。
それを解決(緩和?)するのが、Mullet Mod 。

Tiny Whoop のアップグレード ~リポ/モーター選定~


FPVカメラを搭載したTiny Whoop であっても、できる限り軽量にしたからか、純正モーターでも飛べることは飛べる。
が、自由落下状態に一度入ると復旧が厳しかったり、やっぱりちょっとパワーが足りなくて、安定性も損なわれてる。。

なので、とりあえず、以前FPVHQで購入した「Angry Beez 6mm motor」に換装。
このモーターはパンチはないが、inductrix純正よりもパワーは向上し、非常に安定して飛ばせるようになった。

既にリポ&モーターは交換済みだけど、改めて何を買うべきかを検討。

Tiny Whoop 化 ~ FPVカメラの選定と取付


前回、素の inductrix をLOSで飛ばしてみた印象はめっちゃよかったけど、FPV化するとどうなるか。

FPVカメラの選定

基本的には Spectrum VA1100 的なビデオ送信機(Vtx) 一体型で4.5g程度の超軽量カメラを使う。

VA1100

VA1100 は本体も$54.99と割高だし、それよりもHolizonHobbyの送料が異常に高く、これ単品だけでも $37.51 もかかる。。さらに10mw出力であるためか、レンジも狭く、カメラ移りも悪いらしい。
以前はビデオ送信機(Vtx) 一体型のFPVカメラはVA1100がオンリーワンな商品だったけど、最近は中華コピーが多数あり性能も良くなってるのでそっちへ行ったほうがよいみたい。
一世代前の位置づけか。

eachine EF01/TX01/TX02

Banggoodブランド eachine から安価な製品が出ているが、Tiny Whoopには合わなさそう。
まずEF-01 $25.99 はFOVは150-170と優秀なものの8gと重すぎて論外。

TX01 $25.99 は4.5gとEF01に比べてだいぶ軽くなっているが、ハウジングが無い状態の重量。
バンド/チャンネルのLCDディスプレイとか、重量が増えるオマケ要素があるからかな?
映像はキレイなのでマイクロサイズ用ならよさげ。

最後のTX02 $25.99はありかもしれない。他のが25mw出力なのに対し、これだけ200mw出力。範囲が格段に伸びる。

FX FX797T/FX798T/FX798SC

Tiny Whoopでの定番はFX FX797T $39.89。実はだいぶ前に購入してたのでこれを使うことにした。

ただ、今購入するなら、FX798T $39.89かと。

前回、inductrixはクラッシュしても大丈夫なのがよいと書いたが、FPVカメラ、厳密にいうとFPVカメラのアンテナはクラッシュに弱そう。

FX797T はクローバーアンテナがPCB(プリント基板)に直付けされていて柔軟性がないため、特に変形しやすいけど、FX798T は同軸ケーブルが間に入るので柔軟性があり、対障害性は高まる。
また、アンテナ単品($3.69)も販売しているので変形したときにアンテナだけ交換すればよい。

FX798SC のほうが、より耐障害性は高そうだが、$50.00 +送料と割高。

Banggoodで扱いはじめたら、もう少し安く手に入りそうだけど現状はまだ。
ただ、恐らくTinyWhoopの勢い的には、FX798SC や、アンテナ単品も発売される気がする。
ま、発売されなくても、このあたりのアンテナから流用することができるはず。
10/17Update: eBayで売ってた。Amazonでも売ってるが輸入不可。0.6g。



で、手持ちのFX797Tだけど、ハウジングを外せば4gを切ってた。
ハウジングは結構外しづらいけど、隙間にギターピックを入れ込んで軽くこじればいける。
ちなみにケーブル長は1/3くらいにカットするので、さらに0.2gほど減少できそうか。
10/12Update: FX798SCを購入したので写真追加&情報更新。重量は全く同じ(0.01gは測定誤差な気がする)。

なお、現在のBand及びChannelはLEDで表示される。

Tiny Whoop用FPVカメラまとめ

製品価格重量ハウジング出力FOV備考
Spectrum VA1100$54.994.5g10mw115
Eachine EF01$25.998g25mw150-170
Eachine TX01$25.994.48g25mw120-150重量はBanggood実測
Eachine TX02$25.994.57g200mw120-150重量はBanggood実測
FX FX797T$39.684.58g
(3.96g)
〇0.62g25mw120重量は実測
かっこ内はハウジング取り外し後
FX FX798T$39.684.5g〇0.62g25mw120
FX FX798SC$50.004.59g
(3.95g)
〇0.62g25mw120重量は実測
かっこ内はハウジング取り外し後
現状banggoodで取り扱い無し。。
Crazepony FPV Micro AIO Camera$26.993.6g25mw100-120重量だけならこれが最軽量。Amazon.comは売ってくれないけど。
Super Mini Light AIO Camera$24.995g25mw100-120重量はBanggood実測(但し小数点見えず)
crazeponyのアンテナ違いな気がするがアンテナが重い?ch数(40vs48)が違うし別物!?

FPVカメラ FX797Tの加工

電源ケーブルはこんな感じで接続されているが、これはいったん外し、1.25mmのコネクタ(オス)をつけて、交換可能にしといた。


FC側の加工

1.25mmのコネクタ(メス)付きケーブルをカメラまでの長さに合わせてつけた。

FPVカメラのマウント

Tiny Whoop用のカメラマウントは Thingiverse に多数掲載 されてるので、3Dプリンタを持っていれば、これを印刷すればよさそう。

けど、重量を抑えることを優先して、両面テープ&輪ゴムだけでマウントにすることとした。

計量

ここまでで計量すると、リポなしで18.80g。
標準Lipo 150mAh 25-50C で23.11g、アップグレード用に購入したリポ NitroNector 210mAh 30-60Cで24.87g。
U30が目安っぽかったので、この重量ならモーターやリポをアップグレードすれば、OSD追加できるかも!?
UARTをとれるFCへの変更が必須だけど、これこれで2.3g程度なので無理やりとか。。
これだとサイズがデカいか。。


Tiny Whoop で飛行

標準リポ150mAh 25C を満充電にし、とりあえず定点ホバリングテスト。
カメラ重量が増えた分、やはり重そうな飛び方。
また、カメラへの電源供給を共通化しているためか、1:00を超えたあたりから(おそらく電圧が低くなって)不安定になり、ふらふらしたり、スロットル全開でも地面についてしまう事象が発生しながら、3分弱で電池切れ。

なお、NitroNector 215mAh 30C の場合は5:00を超えたあたりから不安定になり、6分弱で電池切れ。

ちなみに電池切れ=残電圧3.7V。

てことで、電池の交換は必須のようです。容量に加え、C値も影響してるかも。
次回はモーターも交換してみる予定。

とりあえず、定点ホバリングでの計測記録。
標準リポでいうと、重量増加よりも、カメラへの電力供給が飛行時間の差に出てる。
リポカメラ搭載カメラ電源飛行時間備考
150mAh/25C5:41
150mAh/25C4:34
150mAh/25C2:56
2:31
ふらつきはじめは1:30過ぎ
210mAh/30C5:48ふらつきはじめは5:00過ぎ

Tiny Whoop をはじめてみた ~ BLADE inductrix 入手

Tiny Whoop に手を出すことにしてみた。
とりあえず、BLADE inductrix を手に入れたけど、これヤバい。